アフターケアで比較

医療カツラ医療かつらを装着する期間が長期に及ぶ患者もいます。その場合、アフターケアの充実しているお店で取り寄せることも大事なポイントです。例えば医療かつらを初めて装着するにあたって、「動くとずれるのではないか?」と懸念する患者は少なくありません。そこでお店の中には、サイズの調整をしっかり行っているところも見られます。サイズがピッタリであれば、自転車などに乗ってもずれることはないといわれています。また医療かつらを初めて装着したのちに、脱毛が進む、逆に発毛が起きてサイズの再調整が必要なケースも出てきます。サイズ調整をこまめに行ってくれるところであれば、購入後の微調整もお願いできるため安心です。

専門店の場合、アフターサービスの充実度を売りにしているところも見られます。例えばウィッグとコーデできるようなニットキャップや綿の帽子などを販売して、ファッションを楽しめるようにケアしているショップがあります。また頭皮ケアなどの脱毛対策も行ってくれるお店も見受けられます。

がん診療連携病院などは、このような医療用かつらのメーカーと連携しているところもあります。医療スタッフに相談すれば、ウィッグの紹介・手配をしてくれる場合もあります。医療用かつらのサービスに対応している医療機関であれば、こちらに相談してみるのも一考です。

≪参考資料≫https://www.reizvoll-medical.jp/
医療用かつらの通販を行っているライツフォルです。